カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 余市ワインがおいしい理由



 


 【余市オンリー】

『余市ワイン』は、その名のとおり、余市の葡萄を余市で仕込んでいる"地ワイン"。

6軒の契約農家と顔の見える信頼関係を築き、一つひとつの工程を大切にしながら、正直一途にワイン造りを続けています。

地ワインのおいしさをより確立させるために、『余市ワイン』は、良質な葡萄を育て、製法に磨きをかけることにも余念はありません。
 


[もっと変わるために。もっと愛されるために]

"嘘偽りのない正直なワインを造ること"や"顔の見える信頼関係の中で葡萄を育てること"を、30年以上もあたりまえにしてきた『余市ワイン』。

食の安全性が重視され、地産地消の大切さやスローフードの豊かさが見直されている今、『余市ワイン』の想いは、時代と重なりました。

その環境に満足せず、より愛される『余市ワイン』を真摯に追求します。
 


[ワインをおいしく生む、余市の地]

余市町は、対馬海流の影響により、北海道の中では比較的温暖な気候に恵まれています。

ここで栽培されているケルナ−、ツバイゲルト・レーベ、ミュラートゥルガウ、バッカスはいずれも耐寒性のあるドイツ系品種。

余市町は昼夜の寒暖差が大きく、色素と糖度に優れた葡萄の果実を育てられるため、ワイン葡萄栽培の好適地と言えます。


 


[一粒一粒の想いに応えて]

余市で育てた葡萄を余市で仕込む"地ワイン"にこだわる『余市ワイン』。

今は、6軒の契約農家の皆さんと手を取り合いながら、ワイン造りに取り組んでいます。

契約農家の皆さんは、たとえば収穫の時期、手作業で葡萄をもぎ取ってくれます。その一粒一粒に想いが込められているからこそ、私たちはおいしいワインで応えなければならないのです。