カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

明治5年に開いた「柴田酒造店」
     すべてはそこから始まった・・・


 【歴史】
 明治5年から脈々と受け継がれる酒造りの魂

 明治5年、石川県能登から来道した創業者・柴田與次右衛門(しばた・よじうえもん)は、
 創成川河畔で造り酒屋「柴田酒造店」を開店。この柴田が、北海道の酒造業の幕を開けた先
 駆者といわれています。その後も、品質向上に努力を重ね、昭和3年には業界企業合同の政
 府要請に応え8企業を合同して「日本清酒株式会社」を設立。統一銘柄を『千歳鶴』としま
 した。北海道に生まれ、北海道が育てた、北海道の地酒『千歳鶴』。日本清酒は創業者の開
 拓者魂を今に受け継ぎながら『千歳鶴』を醸し続けています。
 

 【水】
 いい水だからいい酒ができる、その原点にこだわりを

 「千歳鶴」が創業以来使い続けている水。それは、札幌南部に連なる緑豊かな山々が水源
 の豊平川の伏流水。河川の水が地中に浸み込み、100年、200年、永遠とも思われる時の
 中で、岩盤層を通り抜けて濾過されながら地中のミネラル分を吸収します。「千歳鶴」の
 酒造工場・丹頂蔵で使用している伏流水の性質は中硬水。硬軟両方の性質を併せ持ったバ
 ランスの良い水で、おいしい酒造りにとても適しています。『千歳鶴』はこの地の水で、
 この地の酒を醸す酒造り、その原点こだわり続けています。
 

 【酒米】
 良質な水と北海道の気候風土を生かす仕上がりに

 日本酒の原料の酒米は、酒づくりの命。北海道の地酒をモットーとする「千歳鶴」は、酒
 米の品質にもとことんこだわっています。純米酒や吟醸酒の約7割に、北海道産の酒米「
 吟風」を使用。大粒で心白(中心部の白いデンプン質の部分)が大きいため磨きやすい上、
 麹菌も盛んに繁殖するなど、良質な酒米の条件を満たしています。平成15年からは、空
 知管内の米どころ・新十津川町の「ピンネ酒米生産組合」の生産農家と手を取り合い、新
 十津川で育てた「吟風」だけを原料とする顔の見える酒づくりを進めています。